2021年07月04日


 キャッシュレスの時代になり、いまだに自分の勤めている会社は給料現金渡し。
普段行くところで現金商売しているところは、病院、地元の飲食店、100均セリア、あとは屋台のラーメンくらいかな。

 そんな中、ゆうちょ銀行は、現金を使った支払いや払込みにおいて、手数料を新設。2022年1月17日から、一部商品・サービスの料金を新設・改定する。とのことで唯一のATMで硬貨を無料で入金できるところが失われるようですね。

 硬貨をATMで無料で入れられるのが魅力でクレジットカードの支払いや田舎過ぎて地元の銀行でしか支払いのできない上下水道料金の支払いなどをゆうちょ銀行にしていて、
メインの支払い等は楽天銀行ですが、地元の銀行しか利用できないという勝手な理由の為、田舎過ぎて地元の銀行でしか支払いのできない上下水道料金の支払いのせいでそれだけのためにゆうちょ銀行へ別で入れていましたが、3種使い分けのクレジットカードも別に管理しようとゆうちょ銀行へ入れていました。

 そのメリットはいまどき現金支払いのうちの会社の給料から始まり、病院やその他のお釣りに混ざってくる小銭をゆうちょ銀行に入れればこまかいお金もすっきりだったためです。 そのいまどきな現金支払いの企業以外はキャッシュレス決済です。財布も持っていませんし小銭はストレスにしかなりません。


 2022年1月17日から「ATM硬貨預払料金」も新設。ゆうちょATMでの貯金の預け入れ・払戻しに硬貨を伴う場合の手数料となり、硬貨25枚までの預け入れは110円、25~50枚で220円、50~100枚で330円。また、硬貨を伴う払戻しは1枚以上で110円となる。』←になるそうで、仮に1000円と1円入金しようとすると、1,001円-110円で891円しか貯金できないことになります。

 今のうちからまたクレジットカードの支払い口座をネット銀行へ移していきたいと思います。おすすめは住信SBIネット銀行です。条件を満たせばATM入出金無料5回、他銀行宛振込無料5回とお得です。
これからは給料と病院は仕方ないとして現金商売しているお店にも行かないでおきます。小銭がストレスなので・・・

 小銭が貯まりすぎると手数料を払わないとやり場がなくなるため小銭を使うのために小銭がまた出ないように何か一つ丁度の金額の物を探してその金額で1購入をくりかえし小銭をなくすしかないのかな?

 どこかの業者さんが小銭を利用した商売してくれると助かるのですけどね。
全国の銀行が片並べて手数料を取らなくても、我が銀行は他の商品で手数料取りますけど小銭の入金だけは手数料取りませんて銀行ががあればそこにお金回すのにね。


ゆうちょ銀行、現金を使った支払いで手数料110円。22年1月から









(16:27)

コメントする

名前
 
  絵文字